人民币入篮

大家好!

今回は、2016年12月9日の人民日報海外版《望海楼》、『乱云飞渡,中国仍从容』からです。

外交上色々あったけど、中国はいろんな成果を挙げたよ!という内容です。

人民日報海外版の記事は、こちらからどうぞ。(新規タブでリンクを開きます)


今日の単語リスト
中文 拼音 日本語 中文解释
乱云飞渡 多くの想定外のことが起こる “毛泽东 一阵阵乱云飞过 出自七绝《为李进同志题所摄庐山仙人洞照》
一九六一年九月九日
暮色苍茫看劲松,乱云飞渡仍从容。
天生一个仙人洞,无限风光在险峰。”
跌宕起伏 die1 dang4 qi3 fu2 変化・起伏が多く不安定な様子.波乱万丈 富于变化,有顿挫波折。形容事物多变,不稳定,也比喻音乐音调忽高忽低和故事情节的曲折。
黑天鹅 ブラック・スワン理論(black swan theory)。「ありえなくて起こりえない」と思われていたことはいったん急に起きる場合、予測できない、非常に強い衝撃を与える、という理論。
双刃剑 諸刃の剣
全球经济下行压力增大 世界経済衰退圧力が高まる
眼花缭乱 (目まぐるしくて/色とりどりで)目がくらむ;目がちかちかする
阿拉伯之春 “アラブの春。Arab Spring
2010年から2012年にかけてアラブ世界において発生した、前例にない大規模反政府デモを主とした騒乱の総称である。2010年12月18日に始まったチュニジアのジャスミン革命から、アラブ世界に波及した。また、現政権に対する抗議・デモ活動はその他の地域にも広がりを見せており、アラブの春の事象の一部に含む場合がある。各国におけるデモは2013年に入っても続いた。
一方で、2012年に入ると政権の打倒が実現したエジプトやリビアでも国内の対立や衝突が起きるなど民主化に綻びが見られ始めた。また、遅れて反政府デモが盛り上がりを見せたシリアでは泥沼の内戦状態に突入し、国内のスンナ派とシーア派の対立やアルカイダ系の介入などによる火種が周辺国にも影響を及す恐れが懸念されるようになった。そして2014年には、元アルカイダ系のイスラーム過激派組織「ISIL」がシリアとイラクの国境をまたぎ台頭し、地域情勢はこれ以降深刻な事態に陥っている。国際的な支援を得られなかったアラブの春は、一部地域を除き事実上挫折した。(Wikipediaより)
剑拔弩张 jian4 ba2 nu3 zhang1 剣が抜かれ、弩(いしゆみ)が張られている。一触即発の様子を表す。
任重道远 任重くして道遠し.任務は重く、行くべき道は遠い 《论语·泰伯章》中曾子说的一句话,原文为“士不可以不弘毅,任重而道远。
(时间)来新低 (時間)以降で最低
骤然 にわかに、不意に
予以 ~を与える;~を加える
人民币入篮 SDR通貨バスケットへの人民元採用 把人民币纳入特别提款权(SDR)货币篮子
高举旗帜 gao1 ju3 qi2 zhi4 旗印(代表的な主義思想など)を高く掲げる (例句)高举邓小平理论的伟大旗帜

今日の試訳

今回の試訳はございません。

謝謝!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中