九层之台,基于垒土

大家好!

今回は、2016年10月18日の人民日報海外版《望海楼》、『神舟飞天,为中国,也为世界』からです。

“也为世界”というのが取ってつけたような感じですが、中国の宇宙事業についてです。10月17日に有人飛行を実施しており、その偉業を讃える内容です。

人民日報海外版の記事は、こちらからどうぞ。(新規タブでリンクを開きます)


今日の単語リスト
中文 拼音 日本語 中文解释
一甲子 60年
钱学森 銭学森。交通大学卒。「中国宇宙開発の父」「中国誘導弾の父」「中国オートメーションの父」「ロケット王」と呼ばれる。 毕业于国立交通大学。被誉为“中国航天之父”“中国导弹之父”“中国自动化控制之父”和“火箭之王”。
积贫积弱 長きにわたる貧困 长期积累的贫困衰弱。
从无到有 無から有を生み出す
九层之台,基于累(垒)土 九層の台は累土より起こる。どんなに大きな事業でも、まず手近なところから着実に努力を重ねていけば成功するという教え。 “比喻欲成大事,须从基础做起。
春秋·楚·李耳《老子》第64章:“合抱之木,生于毫末;九层之台,起于累土;千里之行,始于足下。”:“合抱的大树,生长于细小的萌芽;九层的高台,筑起于每一堆泥土;千里的远行,是从脚下第一步开始走出来的。”该则表现了坚持不懈对于成功的重要性,激励人们不要放弃,坚持下去。”
储备 chu3 bei4 蓄え
尤需 特に必要である 特别需要、还需要
久久为功 継続は力なり 持之以恒、锲而不舍、驰而不息
自古有之 古くよりこれあり、昔からある
习以为常 徐々に慣れる(習慣になる)
瓶颈 ping2 jing3 ボトルネック
载人航天飞行 有人宇宙飛行
浩渺 水が広々と広がるさま 浩淼
空间站 宇宙ステーション
火星探测器 火星探査機
前沿 最先端
站在–的前沿 –(分野)の最先端にある
层出不穷 次々と尽きることなく現れる
基因库 遺伝子ライブラリ
单口径射电望远镜 500メートル球面電波望遠鏡、FAST
超级计算机 スーパーコンピュータ
星辰大海 星の海

冒頭、宇宙事業において必要なものを記した部分からです。悔しいですが、この辺はさすが古の大国だなあ、という感じがします。

如同中国从积贫积弱变身为世界第二大经济体,中国的航天事业经历了从无到有的历程,如今迈入世界航天大国行列。“九层之台,起于垒土”,一个国家航天事业的发展要靠其国力、科技水平、人才储备等多重因素的积累,尤需久久为功。

中国が長きにわたる貧困から世界第二の経済体に変身したように、中国の宇宙開発事業も無から有を生み出す道のりを歩んでおり、世界の宇宙事業大国の仲間入りを果たした。「九層の台は累土より起こる」という老子の言葉通り、国家の宇宙事業の発展はその国力、科学技術レベル、人材といった多層の要因の積み重ねであり、特に長期的な継続が必要となる。

謝謝!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中