偷闲躲静

大家好!

「そば処鶴子」を後にして、「銀山温泉」を目指します。ここは長野県小布施町出身、千葉県船橋市在住と、山形県には縁もゆかりもない父まで知っていて、「山形といえば、銀山温泉」みたいな話をしていたので、気になっていたのでした。が、立ち寄り専用の駐車場はいっぱいで停車不可!気の短い私は待っていられず、車で下まで降りて、Uターンして帰ってきてしまいました。見た感じは、噂通り雰囲気のよさそうな温泉街でしたが、残念。また次の機会に。

で、温泉へ行かずに帰るのも何なので、適当に車を走らせ、最初に名前の出てきた「赤倉温泉」を目指すことにしました。そして、最初に目に入った『三之亟』という温泉宿に立ち寄り。岩風呂なる風呂に入りました。浴槽が3つあり、一つは、とても深い浴槽。もう一つは、ぬるめの浴槽。最後の一つは、打たせ湯のある浴槽。それぞれ特徴的でした。ちょっとぬるめかな。

ところで、この岩風呂は混浴でした!まあ、私が行った時間帯は、男性は「岩風呂」しか入れませんが、それ以外の「露天風呂」「内風呂」は女性専用になっているので、よっぽど「岩風呂」に入りたい、という女性でない限りはわざわざ混浴には来ないと思いますが。

で、次は「肘折温泉」を目指します!それは、次の記事で!

謝謝!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中